"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

人間心理学

【人間心理学】期待されると能力向上?ピグマリオン効果で皆幸せとは?

投稿日:

スポンサーリンク

恋愛、受験、営業、子育て、WINWINのピグマリオン効果とは?

ピグマリオン効果とは?教師期待効果やローゼンタール効果とも言い、
教育心理学の心理行動の1つです。

教師が生徒に期待し接することにより、生徒の成績が上がるようになり、
逆に期待せず、ぞんざいに接することによって、成績が下がってしまうのをゴーレム効果といいます。

スポーツなどでも、ホームグラウンドの方が戦績が良かったりするケースがあります。
あれは、このピグマリオン効果が発揮しています。
サポーターが試合があると駆けつけ、旗を振って応援する。

いいプレーをすれば、歓声が起き、選手も奮い立つ。
そんな後押しがあることにより、いい結果につながるのです。

逆にアウェイだとサポーターも遠征しなければならず、地元のサポーターより少なくなってしまいます。
相手にとってホームということですね。
こちらがアウェイだと押されてしまうこともあります。

しかし、遠征してまで来てくれた人たちのためにという思いがプレーにも現れる。
これによっていい結果に結びつきます。

他に、親から子供、上司から部下、占い師と客、互いに相手のことを思い期待し伝える。
そして、期待に答え互いに精進する。
これがピグマリオン効果です。

期待されることは、重荷にもなり得ますが、その分、力にもなるんですね。

ピグマリオン効果が素敵な理由

スポンサーリンク


ピグマリオン効果は、相手に期待して褒めて伸ばす。
好きな人に前向きになってもらい、お互い笑顔になりたいのであれば、この効果を活用するべきです。

あなたの優しい思いやる込めた応援が、あなたが好きな人の伸ばしたい人の背中を支え、そっと押す。
きっと前に進む力になります。
人にされて嫌なことを他の人にもしないように。

その通りです。
あなたは、これから何かやろうと思った時に
期待されず、応援されず、見向きもされない状態でいい結果が出せるでしょうか?
これは、相手も同じです。

あなたの期待があなたとその人を救うかもしれません。

ピグマリオン効果の問題点?逆効果になってしまう

いくら期待して褒めればいいというものでもありません。

互いに褒めることが当然となり、慣れ合う形になっては、どうしようもありません。
また、褒めるだけ褒めて、相手が勘違いをして痛々しいナルシストであったり、
期待しすぎて期待に答えられなかった時の挫折で駄目になっては、元も子もないのです。
期待の度合い、褒め方などを考えていくことが大事になります。

期待は後押しになりますが、かけ過ぎると重荷になり逆効果になり得ます。
程よい声掛けで丁度いいです。
褒めるにも悪い部分は、しっかり指摘するようにしないと、
あれもこれもできているという勘違いが起こってしまいます。

一度、こういう勘違いが根付いてしまうと厄介なので、
しっかり指摘するべきです。
スポンサーリンク


相手のことを本当に思うならば、
しっかり良い部分は褒めて、悪い部分は指摘し説得する。
そうすれば、お互いにしっかり前へ進むことが出来ます。


-人間心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.