簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

人間心理学

【人間心理学】ギャップ?恋愛などに有効なゲインロス効果とは?

投稿日:

スポンサーリンク

あやうく逆効果の意味?ゲインロス効果の例も交えて

ゲインロス効果とは?ゲインが得る、ロスが失う。
この2つのギャップが人に強く印象づける効果です。

例えば、強面なのに、実はすごく優しい。弱々しいけれど、やる時はやる。
など、マイナスイメージとプラスイメージが同時に共存しているのです。
逆に、美人なのに、性悪。頭がいいけど、頼りない。
など、逆の印象があまり良くないケースもあります。

ロスがあってゲインが前に出るか、ゲインあってロスが前に出るかで、
その人やものに対してのイメージが決まってしまいます。

ゲインロス効果のあとハロー効果が発揮されるという場合が多く、
ゲインが前に出るとゲインにハロー効果が発揮して、良い評価を受けるでしょう。
ロスが前に出るとロスにハロー効果が発揮して、悪い評価を受けるでしょう。
いわゆるギャップというもので、それが大きければ大きいほど受け取る側の衝撃も大きくになります

男女間の恋愛にゲインロス効果は使える?

スポンサーリンク

ゲインロス効果、つまりギャップの効果は、大きいとより注目されます。
例えば、不良がモテるというのも、悪いイメージがあって(ロス)
その上に、優しさなどなにか魅力的な要素(ゲイン)が前に出るので、

結果、ゲインロス効果となり、惹かれる人が出てくるというわけです。
逆に、真面目がゲインとしている子が万引き(ロス)をすると、
なにかとても悪いことをしてしまったような形になってしまうのも、
ギャップ。ゲインロス効果です。

悲しいかな、普段から良い人は少しでも悪いことをすると、
ギャップからとんでもないことをしたというような目で見られる可能性もあります。
しかし、駄目なことだけでなく、良い人は最初から印象が良いので、
他の部分で魅せると良いと思います。

例えば、普段は少し頼りないけれども、ちゃんと言う時は言うしやる時はやる。
細いけれど実は筋肉質だとか、ゲインロスを味方に付ける要素はたくさんあります。
一辺倒に偏る人というのは、実は珍しく、誰しも何かしらギャップを持っているものです。

ゲインロス効果は計画的に?ロスを前に出さないために、ゲインを磨く

あなたは、普段ロスでしょうか?ゲインでしょうか?
偏っている人は少ないと思いますが、大抵ゲインでしょう(いわば普通)。

こんな話があります。
逮捕歴があり、いくつも悪さをしてきた人が心を入れ替え真面目に生きようと、決めました。
偉い。という人もいましたが、待ってください。
今まで散々迷惑かけてきて心を入れ替えると言っても、
本当に偉いのは、初めから真面目に生き、迷惑をかけていない人であって、
心を入れ替えた人ではないのです。
ストックホルム症候群の例もある通り、目先の視野が狭いと印象に囚われてしまうんですね。

アンダードッグ効果の弱者を応援にも近いものがありますが、
もう一歩下がらないと見えないと言うものがあると思います。
つまり、ギャップがいいからといって、ロスをベースにしようとしたら失敗するということです。
ご利用は計画的に。
スポンサーリンク


ギャップがモテるとか巷では言いますが、それらには許容範囲があります。
そして、好みという都合が合って、見合わなければ、
どんなに大きなギャップでも、受け入れられることはないのです。


-人間心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 AllRights Reserved.