"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

行動心理学

【行動心理学】赤ちゃん返り?唇を噛む触る仕草とは?

投稿日:

スポンサーリンク

口唇欲求?唇でわかる心理

口元の心理と似てるようで少し違う唇。
しかし、口元よりも噛んだり、触ったり、より詳細な心理が読み取れます。

唇を噛むのは、悔しさを堪えています。軽い自傷行為でもあり、ストレスや怒りに耐えている状態ですね。
唇を触るのは、口元と少し違って、不安を感じると触ります。

口唇欲求といって、口唇期(生後18ヶ月ぐらいまで)の時期に乳を吸う欲求が満たされていないと、
口さみしくなりガムやタバコが好きになったり、爪を噛む、指を吸うなどするようになります。
褒められたり、認められたい欲求が強いのです。

頻繁に触るような人であれば、褒めてあげるときっと落ち着くと思います。

唇を気にするのは、不安定?

スポンサーリンク

唇を気にしている状態というのは、意識が散漫だったりする場合が多いです。
口内炎ができていたり、唇が切れていたり。
何かに集中している時は、唇には気がいかないものです。

あなた自身、唇が気になっていたら自覚的に意識散漫だと知ることが出来ます。

唇を触ってばかりいると不潔に思われる?

唇の内側は、粘膜があり唾液の出る場所です。
不安だったりすると触ってしまいますが、頻繁に触るようだと不潔に思われるかもしれません。

また、柔らかくてデリケートな部分なので、傷ついて血が出ると痛みから意識が唇に向かうので、集中力低下につながります。
スポンサーリンク


唇を触る人は、甘えん坊の傾向が強いです。
そして、集中力が乏しいともいえます。


-行動心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.