簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

人間心理学

【人間心理学】ダイヤモンドはなぜ高い?希少性の原理とは?

投稿日:

スポンサーリンク

価値とは?希少性の原理の意味と具体例

希少性の原理とは?その物が希少であればあるほど、価値が高く感じる心理のことです。

数量限定、地域限定だったり、一緒に過ごす時間やなかなか逢えないなど、
それが物であっても人であっても、希少性の原理は働きます。

ダイヤモンドなどの宝石類や金や銀などの貴金属類がなぜ高いかというと、希少性があるためです。
流通量や埋蔵量が少なく、さらに需要があるために価値が高まるのです。
なおかつ、見た目の美しさから価値があるのは当然といったイメージも希少性を高めています。

おそらく、これら一つの要素でも崩れるとその希少性は無に近いものになるでしょう。
限定と付く類の物も流通自体を限定するために、希少性が生まれ、価値を見出す人が多く出てきます。
この手に入るチャンスを逃すと・・・
つまり、得るものよりも失うものの価値のほうが高く付くということです。
これが、希少性の原理です。

使い方は?恋愛やマーケティングにおいての希少性の原理

スポンサーリンク

恋愛テクニックやマーケティングにおいて、希少性の原理というのは、容易に使えて絶大な効果を生みます。人は、自由を限定されると(失うと)、反発し自由を取り返そうとします。(心理的リアクタンス)

恋愛で言えば、なかなか逢えない(自由の限定)ために逢いたくなる(反発、自由の回復)という例だったり、なかなか誘いに乗ってくれないために手に入れたくなるといった例もあります。
恋愛において、自分は商品のようなものです。
安売りしたり、粗野な内容であれば良い売れ方はしないでしょう。
希少性を意識することにより、価値を持ち、中身も伴います。

マーケティングでは、希少性の原理は非常に効果的に使われ、
初回限定盤、地域限定、期間限定、数限定など流通に制限を設けることにより希少性を高めて、
購買意欲を高めるというのがあります。
ここで大事なのが、限定にする理由があることです。

ご当地との関連であったり、季節に沿ったものだったり、ハンドメイドであったり
信頼ある理由が付くことで、さらに希少性の原理の効果は強くなっていきます。
(これらはロミオとジュリエット効果でもあり、手に入れることへの障害があるほど、その思いは強くなります)

ブランド、プレミアムの嘘?商品価値あっての希少性の原理

価値が高まるからといって、なんでもかんでも希少性を出せばいいというものではありません。
希少性が出るものには条件があるのです。
それは、すでに価値を持っていることです。
宝石類、貴金属類は輝いていて美しい、三大珍味はクセになる味、
ブランドではデザインや機能性、プレミアム価値は需要、

それらには、すでに一定の価値があります。
そこへ希少性の原理が働くと、価値はさらに高まっていく。
ハロー効果もそうですが、一つの価値から他の価値へと繋がり広がっていくのです。
あくまで希少性の原理は、原理でしかなく、
そのものに価値を見出されなければ、広まることもないのです。
スポンサーリンク


資源や時間は有限です。しかし、欲望は無限です。
そのため、需要と供給の関係により、希少性がなくなることはありません。


-人間心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 AllRights Reserved.