簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

人間心理学

【人間心理学】責任の分散?見て見ぬふりの傍観者効果とは?

投稿日:

スポンサーリンク

ラタネとダーリーの実験と傍観者効果の意味、実例

傍観者効果とは?援助するべき人がいる状況で、自分以外の傍観者がいる時、
率先して行動を起こしにくくなる効果です。

1964年、アメリカ(ニューヨーク)で、とある事件が起こりました。
(キティ・ジェノヴィーズ事件)
傍観者効果が提唱されるきっかけとなった事件です。

深夜3時過ぎ、職場のバーから帰宅途中の被害者キティは、
犯人ウィストン・モースリーに背中を刺されました。
悲鳴を上げたキティにアパートの住民が気づき、明かりを灯しましたが、
それも程なく消え、改めてウィストンはキティも元に歩み寄り刺します。

2度目の悲鳴に、また住民の明かりが灯りますが、誰も通報せず。
車で立ち去っていたウィストンは、キティの元へ戻ってきて、
今度は致命傷を負わせました。
その後、アパートの住民が通報しましたが、すでにキティは亡くなっていました。

この事件で、気づいた住民は、38人居たそうです。
2度目の致命傷を負わせるまでの間でさえ、誰も助けに入らず、
当時のマスコミは、都会の冷淡さと合わせて報道したそうです。
(38人全員が現場を目撃したわけでない可能性もある)

心理学者のラタネとダーリーは、この事件を受けて、
1人が発作を起こし(演技)、少人数と多人数の時の人々の行動を実験しました。
実験の結果、少人数の場合は、85%の人が救助の行動を起こしたのに対し、
多人数の場合は、救助の行動を起こしたのは35%でした。
この実験から傍観者効果という心理が提唱されました。

キティ・ジェノヴィーズ事件は、都会が冷淡だからではなかったのです。
傍観者効果が発揮され、
自分が行動すべきかどうか葛藤している間に、手遅れになってしまったということなのです。

似ている心理にリンゲルマン効果があります。

多人数で発揮する現象、傍観者効果の原因

スポンサーリンク

傍観者効果の原因

・責任分散・・・周りと同調することにより、責任が分散されると考え、行動にできない。

・評価懸念・・・行動を起こした際、その結果によって自身への評価を考え、行動にできない。

・多元的無知・・・周りが行動に出ないため、緊急性がないと考え、行動にできない。

これら3つが原因としてあげられます。
責任分散と評価懸念は、勇気を持って行動しだせば、後から周りも付いて来るかもしれません。
しかし、多元的無知に関しては、大したことでないと一度判断すれば、
改めてそちらへ注意を払うことが難しくなります。
被害者もその時になると、恐怖から声も出ないという事があるので、
非常に難しい問題です。

未然に防ぐために、傍観者効果の対策

傍観者の数が多ければ多いほど、この効果は、強く発揮されます。
この効果を知っていれば、そういう状況にあった時に、率先して行動できるかもしれません。
これは他人事ではないです。
あなたが援助を必要とする被害者になる可能性もあるのですから、
とても難しいですが、状況を冷静に判断するという事が大事になってきます。

もし、被害者になってしまった場合、
「誰か助けて」ではなく、「あなた助けて」という名指しすることにより、
傍観者効果を薄めることができるかもしれません。
スポンサーリンク


様々な場面で傍観者効果は見受けられます。
前述の事件や発作、学校や組織でのいじめ問題など、
多人数で協力して、救助すれば解決できるかもしれない問題でも、傍観者効果が発揮してしまうと、
見て見ぬふりとなり、助かるものも助かりません。


-人間心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 AllRights Reserved.