"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

行動心理学

【行動心理学】男性編,気高くダンディズムの上品な仕草とは?

投稿日:

スポンサーリンク

ファッション?話し方?上品な男性とは?

上品という言葉は、主に女性に使われるイメージがあるかもしれません。
しかし、上品さというのは、男性にもあり、
いつの時代も、求められているものでもあります。

ひとつひとつの仕草から、育ちのよさが出て、
それが、その人の評価となります。

男性に求められているのは、男性らしさなのかもしれません。
ですが、その男性らしさも一つ間違うと野蛮なだけと見られ、
上品とは、程遠いものになってしまいます。

男性の場合、外見よりも内面のほうが上品さに深く関わってくるということがあります。

気遣い?男性の上品な仕草とは?

男性の上品さについて、あまり語られないようです。

それは、当然のことだからなのか、必要ないからなのか、
男性にも、上品と下品があり、
それは、女性と比べて内面や雰囲気に重点をおかれているようです。

あまり話題にならず、意識してない人も多いので、
上品さを手に入れれば、周りよりも輝ける男性に見られるかもしれません。
スポンサーリンク

清潔感のある仕草

服装がよれているだとか、シミを放っておくなど、
意識が行き届いていないのは良くありません。
また、体臭やエチケットなども上品以前に基本です。

姿勢が綺麗な仕草

外面の上品さは、姿勢から始まります。
背筋の伸びた姿に上品さを感じる人が多いので、
これを心掛けるだけで、内面も変わってきます。

落ち着いた雰囲気の仕草

落ち着いた穏やかな雰囲気で、しゃべり方も適度な早さ、
せかせか急いだりせず、時間配分も出来ている。
自分に関わるものが整理されている、そんな雰囲気です。

言葉使いが丁寧な仕草

語彙のチョイスが適切で、乱雑になっていない。
人によって場面によって、しっかりとした言葉使いができるというのが上品です。

レディファーストの仕草

欧米の文化としてあるレディーファースト。
女性をエスコートするという、女性のことを思って行動するというのが上品です。
型どおりに動くだけでなく、臨機応変に動くことが求められるので、
レディーファーストといっても、簡単ではないです。

周囲への気遣いの仕草

人は、自分だけのことを考えがちです。
しかし、余裕を持って周囲への気遣いを見せれると上品で魅力的です。
店の店員などにも気遣いを見せ、
それがクレームであっても適切な対処を見せれると素晴らしいです。

ありえない?嫌われる下品な男性とは?

下品なのが良いという人も、もしかしたらいるかもしれません。
しかし、そういう人は少なく、
下品さは、人を不愉快にさせ、関わらないという選択を選ばせます。

まずは、なにが下品なのかを知ることです。
そして、自身のしている仕草を改めて見ることが大事です。

下品な笑い方の仕草

豪快に笑うのも、男らしく頼もしく感じ良いのかもしれません。
しかし、下品な笑い方になる可能性もあるので注意です。
上品な笑い方は、卑しい感じでなく、爽やかな笑い方です。

笑いは、突発的に出るので、非常に難しいですが、
微笑むという意識がベースにあると、あまり変にはならないです。

礼儀ができない仕草

礼儀は、至る所で必要となってきます。
その礼儀ができず、自分勝手な人は、まず上品などには見られません。
その時々のTPOに合った、礼儀作法を心掛けないといけません。

貪欲な仕草

金や女など、男性が求める欲というの大方決まっています。
その欲が動機となって、万進するというのは、良いのかもしれません。
しかし、人の貯金を気にしたり、自分の貯金を自慢したりなど、
貪欲になり、下品に関わるというのは良くありません。

スポンサーリンク


男性の上品さについて、あまり語られません。
上品であるよりも、
単純にかっこいいということが求められているのかもしれません。
しかし、かっこいいと上品は近いものがあり、
いいとこ取りしたら、非常に魅力的になれるのではないでしょうか?

↓その他の「男性の仕草」記事
【行動心理学】男性必見,色んな女性にモテるかっこいい仕草とは?

【行動心理学】力強くてカッコいい素敵な人、男性らしい仕草とは?


-行動心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.