"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

行動心理学

【行動心理学】病気?不安?自覚ありなし独り言の仕草とは?

投稿日:

スポンサーリンク

ストレス?退行?老化?ぶつぶつ言う独り言の意味、原因

一人で誰に話してるわけでもない独り言。
独り言が習慣になっている人もいます。

なぜ、独り言を言ってしまうのでしょう?
健康な人にも精神疾患のある人も独り言を言います。
例えば、自閉症、統合失調症、認知症などの人が独り言を言うのは、病気の症状です。

では、精神疾患を持っていない人は、なぜ、独り言を言うかというと、
その人にストレスが掛かっているということがあげられます。

独り言を言うことにより、精神のバランスを保つ。
精神的に不安であったり、追い詰められていると、
ぶつぶつと独り言を言っているイメージがあります。
独り言を言っている時、その人の思考は幼児退行しているという可能性があります。

脳が未発達な幼児が、よく何語でもない音を発していますが、
あれに似たことが、成人にも起きているのです。

普段なら、頭に浮かんだ言葉も思うだけで止まりますが、
退行現象が出ている時は、幼児のようにそのまま発してしまう。

これは、老人でもよくあることで、老化現象が独り言を言わせているのです。
脳の衰えにより、幼児のように言葉(言葉を知っているため)を言ってしまうのです。

また、孤独からくる独り言もあり、孤独実験では、
拘束された人が、数時間で独り言を言い始めました。

この実験ほどでは無いにしても、
一人暮らしを始めると、その孤独から独り言が増えるということがあります。

無意識の独り言も良いと悪いとがある?

スポンサーリンク


一口に独り言と言っても、全てが悪いわけではありません。
独り言をいう人は、頭の良い人、頭の回転が速い人という説もあり、
一概に悪いといえなさそうです。

感受性豊かで想像力がある人も独り言が多いです。
物理学者のアインシュタインがそうだったようです。

そんな良い面もありそうな独り言も、やはり印象が悪く、
ぶつぶつ言うのを、やめたいという人も多いと思います。

独り言は、ストレスで不安定になっているということなので、
やめる方法として、ガムを噛むといいです。

ガムを噛むとストレス発散、おまけに口臭予防になり、
尚且つ、口に何か入れて独り言を言えなくするという方法です。

悪い独り言は、とにかく悪口であったり、暴言であったり、
そうでなくても、大声で叫んだり周りに迷惑を掛けてしまう。

ここまでくると精神科に通院するべきですが、
普段から、TPOを気をつけるように心掛けることが大事です。
ストレスをあまり溜め込まないようにしましょう。

うざい、うるさい、嫌い不快な独り言をやめさせる方法

上司や家族、電車内など、男性女性区別なく独り言が聞こえます。
独り言がうるさいなら、離れればいいだけですが、
職場や家などで独り言をいう人がいるとやっかいです。

そんな無意識なのか意識してなのか、
やっかいな独り言をやめさせる方法を考えてみましょう。

・ヒーリングミュージックを流す。

ヒーリングじゃなくてもいいですが、
なにか落ち着いた音楽があると、そちらへ意識が行って、
落ち着いた後、独り言が収まるかもしれません。

・返事をしてみる。

独り言を言っていたら、返事をしてみて、
自覚してもらうのはどうでしょう。
無意識に独り言を言っていたと知って、収まるかもしれません。

・録音しておいて、指摘する。

人は、指摘されないと気づかない事も多いです。
ただ指摘しても、受け入れてもらえないようでしたら、
録音して、こんなに独り言を言っていたと伝えると、
改めてくれるかもしれません。

やはり、相手にきちんと伝えるということが、
もっとも得策なような気がします。
スポンサーリンク


独り言用ツイッターという、
フォロー・フォロワー0人の鍵付きアカウントでつぶやいている人もいるようです。
ストレス社会といわれて久しいですが、
精神のバランスを崩してしまっている人が多いです。
これは、他人事でなく、口があるなら誰にでも起こることです。
無意識というのが怖いですね・・・。


-行動心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.