"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

行動心理学

【行動心理学】得する?自覚ある大和撫子な美人の仕草とは?

投稿日:

スポンサーリンク

3日で飽きる?メイクやファッション?美人って何?

(私が美人だったら・・・)
そう思う女性は多いのではないでしょうか?
美というのは、時代によって変わり、メイクやファッションは移り変わってきました。

10年前の美の価値観が今では古いものとされたり、
今現在、美しいとされているものも10年後には、古く美しくないと言われている可能性もあります。
また、美人は3日で飽きるとも言われ、思いの他、美人というのは不安定なものだとわかります。

しかし、時代が変わっても国が違っても変わらない美というのもあるはずです。
それは、見た目ではなく、内面に関するものなのではないでしょうか?
内面は外面に出ます。
顔が整っていても、スタイルが良くても、惹かれない・・・むしろ嫌な感じがする・・・。
あなたは、そんな人になりたいはずじゃないと思います。

美人は、得をする。
これは本当のことで、なぜか?というと美人だからです。
いつの時代も通用する美を手に入れると大きな自信になるでしょう。

(美人になりたい)
美人は、内面からだと思います。

1日で変われる?雰囲気ある美人って言われる仕草とは?

スポンサーリンク


時代や国によって変わる美。
どんな時代にもどんな国にでも通用する美とは、どんなものがあるのでしょうか?

見た目は勿論、体系もありますが、それらより美人と印象付けるのは仕草です。
どんなに見た目だけよくても、仕草がダメだとガッカリ美人の烙印が付いてしまうのです。

ガッカリ美人にならないためにも、美人の仕草を1日でも早く体得しましょう。

落ち着いている仕草

あくせくして、せかせかして、いつも急いでいる。

本当に急いでいるときは、仕方がありませんが、余裕が生む雰囲気は素晴らしいものがあります。
落ち着いて安定して動作のひとつひとつが確かなものであると、良い印象を持たれるでしょう。

口元に手をあてがう仕草

口の中というのは、あまり見せたくないもので、あまり見たくないものです。
その口の中を見せないようにしゃべる時などに手をあてがうという気づかい。

口元を覆う心理は、色々ありますが、この簡単な仕草だけで印象が悪くなるのを防ぐことができます。

周りを明るくする笑顔の仕草

モテる仕草でもある笑顔は、誰もが知るところかと思います。
誰かが笑顔になると周りも惹かれて明るくなります。

ミステリアスで真剣な表情の仕草

いつも笑顔でいるのは、非常に難しいです。
時と場合ということもあり、笑顔もマイナスになりかねません。
真剣になっている表情も魅力的であり、そこにミステリアスさを感じる場合もあり、
気だるさなどアンニュイな美人に後押しをします。

笑顔と合わせると、ゲインロス効果でギャップを作り出すことも可能です。

まばたきや目線の仕草

まばたきは多すぎても少なすぎてもダメです。
まばたきの回数によって、リラックスしているか緊張状態かがわかります。
あくまで、自然な感じでまばたきを心がけると良いです。

目線にもいろいろあって、伏目や上目遣い、流し目などがあります。
これもまばたきと同様に自然な感じでできると効果は大きいです。

聞き上手な仕草

しゃべりが上手いことも魅力的ですが、美人は聞き上手でもあります。
聞き上手ということは、相手を受け入れられる、受け入れる準備ができているということでもあります。
そして、的確な相槌も付くことができると好印象になるでしょう。

姿勢が正しく美しい仕草

猫背は、楽な姿勢で癖にもなります。
しかし、猫背を続けていると、肉が付きやすくなったり内臓を圧迫して不調の原因になったりします。
座っている時も立っている時も姿勢を正して常に意識するというのは、大変なものがありますが、習慣にすることにより、
慣れてきて姿勢美人になり仕草美人にもなり、体調も良い方向へ向かうでしょう。
良いこと尽くめです。

衣類を着脱する仕草

コートの着脱のときなど、スマートにできると美しいです。
ポイントとして手を肩から上に挙げない事と埃を立てないように静かに着脱する事です。
以外にもこういう仕草を周りは見ているものなので、疎かにできません。

言葉遣いが的確な仕草

言葉遣いが丁寧なのに越したことはありませんが、丁寧にしようと思う余り、場違いになると本末転倒です。
その場面にあった言葉遣いを的確にすることにより、空気の読める冷静な人という印象を持ってもらえます。
あまり難しく考えず、周りを見て判断すると上手くできると思います。

ブサイクの特徴?美人になれないブスの仕草とは?

顔には、美しいとブサイクとあります。
仕草にも、美しいとブサイクとがあり、酷い仕草を1回でもしてしまっては、
実るものも枯れてしまうでしょう。

かといって、神経質に考えても良くありませんが、気づかないところで習慣化してしまっているかもしれません。
自身の動作を思い返して、美しくないことは改めなければなりません。

食べ方が下品な仕草

口に手をあてがうのは、口の中を見せない(人はあまり口の中を見たくない)ためであり、
それをしない上、食べ方が汚く食べ物を噛んでいる途中の口をおおっぴろげにする。
これでは、美人とはとても言えません。
口に関する事に敏感な人も多いので、気を使うべきでしょう。

相手の話を聞かない仕草

聞き上手な人は、モテるし印象がとても良いです。
しかし、相手の話を聞かず、我が我がという風に自分の話をしたがるのは悪印象です。
コミュニケーションというのは、自分と相手の時間を使い、共有することです。
なのに、自分だけ言いたいことを言って、後は知らないという態度は、美人以前の人としての問題です。

貧乏揺すりの仕草

感情は、抑えると体のどこかに出ます。
貧乏揺すりは典型的な仕草で、苛立っている時に出る仕草です。
貧乏揺すりは無意識に出るもので、気づき抑えるというのは難しいかもしれません。
しかし、少なくとも人が見ているところでは、ぐっと抑えられるだけの冷静さは持っておきたいです。

横柄、高慢、傲慢な仕草

謙虚の対義語、横柄、高慢、傲慢。
謙虚だから良いというわけではありませんが、人を見下し馬鹿にする態度をとっていると敵を作ってしまいます。
これも、美人以前の問題で、自身の言動を考え直さなければいけません。
スポンサーリンク


美人になる方法は、整形やダイエット・トレーニングなど色々あります。
しかし、ふとしたときの仕草がブサイクだと、すべてが台無しになります。
もちろん、美は主観的なもので、感じ方は人それぞれですが、
少なくとも普遍的な美は、周りを不愉快にしません

↓その他の「女性の仕草」記事
【行動心理学】女性必見,年上にも年下にもモテる可愛い仕草とは?

【行動心理学】色気も可愛らしさも感じる人、女性らしい仕草とは?

【行動心理学】女性編,おしゃれで大人の上品な仕草とは?


-行動心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.