"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

応用心理学

【応用心理学】男子に女子に?モテる人になる為には?~人間編~その1

投稿日:

スポンサーリンク

男子も女子も?モテる人になる秘訣・方法とは?

・・・モテるの意味とは?

も・てる 【持てる】

①人気があって,ちやほやされる。 「女に-・てる男」
②長くその状態を保つ。維持する。もちこたえる。 「共通の話題がなくて座が-・てない」

モテるための方法は、見た目だけではありません。
たとえ見た目が優れていても、他が足りなければ、
きっと退屈になってしまい、飽きられてしまうかもしれません。
逆に見た目が良くなくても、他の部分が出来ていれば、モテる人になれるかもしれません。

他の部分というのは、コミュニケーションなどの見た目に依存しない要素のことです。
心理学を活用することにより、相手とのコミュニケーションを上手に取る事で、今以上の人気を獲得できます。

このサイトのカテゴリー「人間心理学」から一つずつ解説していきます。

ザイオンス効果~好印象で毎日会ってモテる~

繰り返し接点を持つと、親近感が湧いてくるというザイオンス効果。

初対面の人よりも、何度も会っている人の方が、話がしやすいと思います。
冗談や悪ふざけでさえできる仲というのは、何年もの付き合いだからこそできるのです。
モテる人は、この効果のことをちゃんと理解しています。

いきなり出会い頭に「結婚してほしい」と言われると、嬉しいというより恐怖ですよね。
これは、互いにそこに行き着くまでの関係が出来上がっていないためです。
初対面なので、親近感以前の問題なわけです。

モテる人は、ザイオンス効果を理解して、距離感を大事にします。
見ず知らずの人とは、世間話すら難しくても、顔見知りになって接点を持ち続けることにより、
世間話、またはそれ以上の話もできるようになります。
ザイオンス効果によって、親近感が高まった結果です。

逆に、初対面から嫌われてしまうと、会う度に印象は悪くなる一方です。
そうならないためにも、初対面の人との距離感に気を付ける。
これは、いつの時代もどこの国でも、大事なことです。

ザイオンス効果の詳しい解説は、こちら

バーナム効果~相手の事を理解してあげてモテる~

曖昧に指摘に自身に関することだと、反応してしまうバーナム効果。

誰もが自分のことを、わかって欲しいと思っています。
独りになるのは、辛く悲しいもので、理解者がいるとそれだけで救われる人もいるでしょう。

バーナム効果を活用すると、相手が(この人は、自分の事を理解してくれている・・・)と、
強い好意を得ることができます。
どことなく小癪な感じもしますが、あくまで前向きな記述を出して、
相手に提示すれば、尊敬すらされるかもしれません。

記述が自分だけに該当すると信じている場合、
記述を出す相手に権威を感じている場合、
記述が前向きな場合、

これらから一つ、当てはまる必要があるということ、
そもそも、あなた自身に権威や信頼がない場合、バーナム効果はうまく発揮されない可能性があります。

モテる人も気づかぬうちに使っていて、あなたの身近に潜む効果です。
非常に強力なので、絶対に悪用禁止です。

バーナム効果の詳しい解説は、こちら

ブーメラン効果~人の振り見て我が振り直してモテる~

自分のした行為が翻って反発を受けてしまうブーメラン効果。

相手を強く責め立てたとして、実は、自分にも非があり、
「人の事言えないだろっ」と倍返しにして責め立てられる。

誰もが苦境に立ちたくはありません。
しかし、苦境に立たせようと責めるようなことは、してしまうんですね。
成熟している人など、ほとんどいません。
誰もが未熟で、失敗をしてしまって後悔します。

取り返しのつかない過ちというのもありますが、少しの失敗で責め立てるようなことをしだすと、
あなたが失敗をした時、ここぞとばかりに強い反発を喰らうことになるでしょう。
まるで、ブーメランが翻ってくるように・・・。

モテる人は、一々ちょっとしたことで責めたりしません。
寛容な心で持って迎えると感謝されるでしょう。

ブーメラン効果の詳しい解説は、こちら

ハロー効果~後光を味方にしてモテる~

スポンサーリンク

ある特徴のために、その他の特徴が影響を受けるハロー効果。

もし、マイナスと思われるポイントがあなたにあった場合、
それが前に出されると、ハロー効果によって、あなた自身マイナスのイメージに包まれるかもしれません。

何がマイナスで何がプラスかは、人によりけりですが、
一度マイナスの印象を持たれると、その他の部分もマイナスに見られる可能性があり、
それが根付いてしまうと、覆すのが困難になってきます。

モテる人の基本を常に考え、身なりや言動など、常識的な行動を心がけることで、
ちゃんとした人という後光でもって、好意を得ることができるでしょう。

ハロー効果の詳しい解説は、こちら

アンダードッグ効果~同情を受けてモテる~

困窮している人に、手を差し伸べたくなるアンダードッグ効果。

トップがいれば、ビリがいます。
ほとんどの人は、どちらにも着かないかもしれません。
これは、広範囲での話であり、分野に分けて考えると人ごとではないのです。

マラソン大会が開かれて、勉強はできるけれど、運動は全く駄目なA君。
完全に最下位で、どう頑張ってもビリの状況。
しかし、諦めないA君。
その姿に、トップを応援するよりも、大きいであろう声援。
息切れ切れにゴールすることができたA君に拍手喝采。
はい、これがアンダードッグ効果です。

納得いかないかもしれませんが、この場合トップよりも印象強くなったりします。
大切なのは、一生懸命に取り組むことです。
モテる人は、何かに懸命に打ち込んでいて、その姿勢が人の心を打ちます。
誰にでも、弱い部分や苦手な部分があります。
前向きに邁進する姿は、美しいのです。

アンダードッグ効果の詳しい解説は、こちら

バンドワゴン効果~多数派に乗ってモテる~

支持されているという情報によって、それ自体の支持がさらに強まるバンドワゴン効果。

例えば、「あなた」を評価するという声が多くなると、
それに引き連れて、流される人が次々に支持していきます。
懐疑的人見ていても、「いいのかな?」から「いいね」に代わり、支持が高まっていきます。
しかし、この効果は、流されやすい人に限るので、皆が皆に効果が発揮するわけではありません。

果たしてこれが、本当の意味でモテているのか怪しくもありますが、
雪だるまが大きくなっていく様に、評価が大きくなります。
逆にネガティブな方にも雪だるま式に大きくなるので、
うなぎ登りだった評価もつるべ落としに落ちかねません。

ハロー効果にも近い効果で、自身の手に負えなくなる可能性があるので、
思っている以上に恐ろしい効果です。

バンドワゴン効果の詳しい解説は、こちら

モテる人になる為には?その2



スポンサーリンク

-応用心理学
-, , ,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.