簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

応用心理学

【応用心理学】男子に女子に?モテる人になる為には?~人間編~その2

投稿日:

スポンサーリンク

ツァイガルニク効果~未完成で焦らしてモテる~

完成されたものより、未完成なほうが、記憶に残りやすいというツァイガルニク効果。

完璧主義という人は、多いのではないでしょうか?
完成したい、最後までやり遂げたいと思うのは分かりますが、
完成させるよりも、未完成のほうがいい場合もあるのです。

映画を最後まで見るのと、途中で見るのを止めるのとでは、
どちらがその映画への執着は強いでしょうか?(その映画に拘っていると仮定)
最後まで見ると、映画を一旦置き、別のことに気がまわります。
しかし、何かしらの事情により途中で止めてしまうと、続きが気になってしまい、
映画の続きを見ることが優先順位の上位に来るのです。

このように未完成(鑑賞未完了)だと、記憶に残り想起しやすくなります。
相手の記憶に残り、自身のことを想起して欲しい場合は、
ツァイガルニク効果で気になる存在になることができます。

意外と完璧な人は、モテないようです。
その理由に完成されすぎていると気後れするという人もいるようで、
未完成同士、近い者同士惹かれ合うということもあります。

ツァイガルニク効果の詳しい解説は、こちら

ピグマリオン効果~期待で支えてモテる~

期待して、相手を前向きにするピグマリオン効果。

何のために生きているのか、と考えだすと袋小路に迷い込み、立ち止まってしまいます。
しかし、期待してくれる誰かのためにこれをするんだ、と分かれば真っ直ぐに進むことができます。
そして、邁進して望む結果を得た時、喜びを分かち合い、期待して支えた人は感謝されるでしょう。

ただ期待すればいいというわけでなく、直すべきところは、しっかり客観的に指摘をすることも大事です。
その、前向きで献身的な姿勢が感謝を生み、結果モテるという形になって返ってくるかもしれません。
この記事がピグマリオン効果によって、あなたの背中をそっと支えるようになれば光栄です。

ピグマリオン効果の詳しい解説は、こちら

ゴーレム効果~相手の事を思ってモテる~

ダメ出しが続くと萎縮し、その負が連鎖するというゴーレム効果。

ピグマリオン効果の逆に位置するゴーレム効果で、ブーメラン効果にも似た、嫌な奴の典型です。
重箱の裾を突付くようにダメ出しをして、相手を落ち込ませる。
萎縮させて、やる気も削いでしまう。
これらは、ほんの一言でなり兼ねない事態なのです。

そんなことを繰り返していては、誰も寄り付かなくなるでしょう。
モテるとか以前の問題で、悪い印象しか残らなくなってしまいます。

ゴーレム効果を避けるには、相手の事を思うこと。
相手がそれをされてどう思うかという想像をする。
そして、負の意識を逆のピグマリオン効果に変換するのです。

ゴーレム効果の詳しい解説は、こちら

プラシーボ効果~良いイメージを思い込んでモテる~

スポンサーリンク

イメージする思い込みによって、それが例え嘘でもその結果を引き寄せるプラシーボ効果。

何か物事を行う時に、ポジティブに考えるのとネガティブに考えるのでは、
大きく結果が変わってくる可能性があります。

体調が悪いと思い込んで、本当に病気になる人や、
綺麗に見られたいと思い込んで、本当に綺麗になっていく人。
プラシーボの積み重ねによって、良くも悪くも変わるのであれば、
良き方向に思い込まない手はないです。

ネガティブな方向へ、プラシーボ効果が発揮すると、
体調も精神も蝕まれたようになり、モテるとか以前の問題になってしまいます。
思い込みの力は、思っている以上に強力です。

プラシーボ効果の詳しい解説は、こちら

吊り橋効果~ドキドキ感を演出してモテる~

とある高揚感が恋の時の高揚感と似ていて、脳が勘違いをして恋愛に発展するかもしれない吊り橋効果。

恋をした時の、あの高揚感。
ドキドキして興奮状態になります。
その高揚感と興奮状態に似た状態になってしまう場所がいくつかあり、
吊り橋に行くというのは、あまり現実的ではないですが、
お化け屋敷やジェットコースターなど、デートスポットとして有名なところがあります。

恐怖や心細さからくる感情は、誰かに頼りたい、身を守りたいという願望も現れ、
そこにあなたがいることで、相手は安心して恋に発展する可能性が生まれる。

しかし、いつかは冷めてしまうという事もあり、
吊り橋効果は、あくまでキッカケと考えるほうが良いかもしれません。

吊り橋効果の詳しい解説は、こちら

コンコルド効果~損切りを適切に行ってモテる~

損するとわかっていながら、対処できなくなるコンコルド効果。

一つのことに固結するのは、考えものです。
特にそれが、あなたにとっていずれ損するものであれば、尚更です。
損するために使う時間も労力も他の部分に使えば、もっと有益な時間の使い方になります。

ケチは損をする。
ケチなために、元を取り返そうと更に損を積み重ねる。
それで懲りたためか、もう踏み出しもしないという事にもなりかねません。

未練がましい人は、モテません
過去に固結して、所謂女々しいといわれる人を誰が支持するのでしょう?
損切りを適切に行い、余裕を手に入れましょう。

コンコルド効果の詳しい解説は、こちら

ジャネーの法則~時間に縛られないでモテる~

年を取るにつれて、時間が短く感じるというジャネーの法則。

この法則に信憑性があるのかどうか、怪しいところでもありますが、
実際に、年を取ると時間が早く過ぎている気もします。
刺激のない変わらない日常に慣れてしまうと、時間が早く過ぎていってしまったな(特に何もなかったな)
と思うのでしょう。

年少者であれ年長者であれ、それぞれが充実した日々を過ごし、
思い出した時に「あぁ、良かったな」と思えることが一番でしょう。
それを提供できる人こそがモテる人です。

ジャネーの法則の詳しい解説は、こちら

モテる人になる為には?その3



スポンサーリンク

-応用心理学
-, , ,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 AllRights Reserved.