簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

応用心理学

【応用心理学】男子に女子に?モテる人になる為には?~人間編~その6

投稿日:

スポンサーリンク

カクテルパーティ効果~進んで名前を呼んでモテる~

混雑した音の中、馴染みがあったり聞き入れたいものは、聞き取ることが出来るカクテルパーティ効果。

人は、様々な情報が溢れている中で生活しています。
その中でも自分に関する事柄は、無意識にも反応してしまいます。

名前や年齢、出身などは当然のこと、
自信を持っているところやコンプレックスなどにも、反応してしまうという人間の合理的なメカニズムです。

誰かと仲良くなったり、深い仲になりたいのであれば、こちらに注意を向かせる必要があります。
さり気なく、会話中に相手の名前を入れたり、
相手のアクセサリーに関する話題を入れたり、
カクテルパーティ効果を利用すれば、
注意がこちらに向き、恋愛や復縁のきっかけを作ることができます

カクテルパーティ効果の詳しい解説は、こちら

保有効果~愛着を持ってもらいモテる~

保有したものに愛着を感じ、手放すのが惜しくなる保有効果。

この効果は、彼氏彼女という関係を考えると分かりやすいかもしれません。
恋人から別れを告げられても、未練が残ってしまう。
これは、彼氏または彼女を保有していた。
そして、手放さなくてはならなくなった時に惜しくなって苦しむのです。

効果を利用するには、
試着の例を応用して、「お試し期間」を設けるという手があります。
一度、恋人関係(お試し)になると、余程酷くないかぎり期間終了が惜しく感じる可能性があります。

そのまま別れても、次のきっかけを作るのは容易いでしょうし、付き合いが続けば尚良し。
保有効果を応用すれば、保険の効いたきっかけを作り出せるかもしれません。

保有効果の詳しい解説は、こちら

割れ窓理論~亀裂に気づいてモテる~

軽犯罪を取り締まり、重犯罪を抑止できるとする割れ窓理論。

割れ窓理論自体は、批判があったりしますが、
この理論を応用すると、人間関係を円滑により良いものにすることができます。

人間関係は、人と人同士なので、どうしても関係に亀裂が生じる事があります。
その亀裂、始めの頃の小さかったり薄い亀裂に気付かず放っておいたために、
やがて亀裂も大きくなり、関係が壊れてしまう。
ということになりかねません。

普段から自身に至らないことが無いか、上手くやっていきたい人に嫌われるような事をしていないか、
亀裂を生じさせるようなことをしていないか
改めて、思い返してみるといいと思います。

割れ窓理論の詳しい解説は、こちら

返報性の法則~与える事に徹してモテる~

スポンサーリンク

何かしてもらうと、お返しをしなければと思う返報性の法則。

相手のために何かしてあげると、あなたが困った時に助けになってくれるかもしれません。
これは、打算的であっても相手の為になるのであれば、
結果、返報性の法則が発揮されて、あなたの助けとなるでしょう。

とにかくモテる人は、与えることに徹します。
そして、感謝されて、 やがて我が身を救う
もちろん、相手に強制したり、余分な負荷が掛かってはいけません。

注意しなければならないのは、恩を押し付けがましくしないことです。
「してあげたのに・・・」
これだと、孤立していくだけかと思います。

返報性の法則の詳しい解説は、こちら

連続強化と部分強化~反応を"時々"にしてモテる~

行動に対し、毎回反応する連続強化。時々反応する部分強化。

一つの行動に対して毎回反応があるよりも、時々反応あるという方が依存性が高まります。
あまり相手に依存されるというのも問題ではありますが、
他の効果できっかけを掴んだ後に、続けて深い関係になりたい時に使えます。

ザイオンス効果などでは、毎回会うということが効果的ですが、
ザイオンス効果で親しくなった後、会う頻度を減らし(部分強化)、
その上で、吊り橋効果カタルシス効果などを重ねていくと素晴らしい結果が伴うかもしれません。

部分強化は、他の効果との併用がしやすいので覚えておくと得です。

連続強化と部分強化の詳しい解説は、こちら

カラーバス効果~意識を高くしてモテる~

特定の何かを意識しだすと、その特定のものに関連した情報が入ってくるようになるカラーバス効果。

「モテる人になりたい」
明確に意識して生活していると、カラーバス効果によって、モテる方法などの情報が進んで入ってくるようになります。
清潔感はもちろんの事、自身の癖であったり、行動などにも気を使うようになり、
結果、モテる人に近づくようになります。

自分にとって、確かに良いと思うものを取り入れるために、
アンテナを立てて、情報をキャッチし、取り捨て選択を行い、実践する。
モテる人になるには、どうすればいいのか?
ネットで検索すれば、様々な情報が得られます。
他の心理効果も応用して、モテる人に近づきましょう。

カラーバス効果の詳しい解説は、こちら

ホーソン効果~理想のモテる人と付き合ってモテる~

注目、期待を受けると、モチベーションが上がるホーソン効果。

同調現象にもある通り、人は人の影響を受けやすく、
注目されたり期待されると、しっかりやろう頑張ろうと思い、普段よりも良い結果を出したりします。

ホーソン効果を応用するには、付き合う人をモテる人にします。
そうすれば、モテる人の習慣やセンスなど、
行動などの影響を受け、自然とモテる人に近づくことが出来ます

逆にモテない人を付き合いがあると、モテない習慣の影響になってモテるのが難しくなります。
良い影響を受け続けて、理想の人を目指すには、ホーソン効果がおすすめです。

ホーソン効果の詳しい解説は、こちら

モテる人になる為には?その7



スポンサーリンク

-応用心理学
-, , ,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 AllRights Reserved.