"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

雑学

100へぇは?トリビアの泉~素晴らしきムダ知識~のトリビア(雑学)まとめ1

投稿日:

スポンサーリンク



歴代へぇランキング第5位~第1位

トリビアの意味とは?

トリヴィア(trivia)・・・ラテン語で三叉路(Y字路)
古代ローマでは、三叉路(Y字路)が多かったため、よくある場所ということから転じて、
くだらないことという意味を持つようになった。
他に、中世の教養科目が3つあり(文法・修辞学・弁証法)
この3つをtrivium、複数形でtriviaと呼ぶため、初歩的やつまらないという意味を持った。

トリビアの泉によって、雑学的な事柄や知識という意味が浸透した。

0へぇ

100へぇは出ていない?歴代へぇランキング第10位~第6位(トリビアの泉)


第10位(90へぇ)

ガチャピンにはモデルがいる


・モデルは、当時の総合プロデューサー、野田さん。
世界的SFコレクターで、「宇宙大元帥」の称号を持っていて、SF作家としても活躍。
ガチャピンの設定は、「南の島で生まれた恐竜の子供5才」
ガチャピンは、宇宙にも行ったことがある。

国道には途中で階段になっているものがある


・階段の国道は、国道339号線。
昭和49年、現地をちゃんと見ずに国道と認定したため、階段になってしまった。
階段は、全長388.2メートル。
段数、361段。

ルパン三世と峰不二子の子どもがいる


・その名は「ルパン小僧」。
昭和50年(1975年)新しい少年誌の創刊に伴い、依頼されて描いたもの。
少年誌は、1年半で廃刊になったため、話数は全18話。


第9位(91へぇ)

コアラの赤ちゃんはお母さんのウンチを食べて育つ


・母親が体内でバップという離乳食をフンとして出し、それを子どもは直接食べる。
それによって、硬い繊維のユーカリも食べられるようになる。
主食を食べられるようになるために、フンを食べるのはコアラだけ。
アボリジニの言葉で、コアラは、「水を飲まない」で、ユーカリに含まれる水分だけで生きていける。
コアラは、成長するとユーカリ以外を食べるとお腹を壊してしまう。
コアラは、1日20時間寝る
理由は、毒素の多い植物を主食とするため。

アンデスメロンの「アンデス」とは「安心です」の略である


・メロンは、虫害が多く、市場に出せる量が少なかったため、高価だった。
アンデスメロンは、虫害の心配がなく安心して栽培できるため、
「安心して栽培できるメロン」→「アンシンデスメロン」→「アンデスメロン」ということで名称が決定した。
アンデス地方とは関係ない。
メロンは、果物という認識が強いが、野菜である。

スポンサーリンク


第8位(92へぇ)

「流氷の天使」クリオネのエサの食べ方は恐い


・クリオネの日本名は、「ハダカカメガイ」。
貝の仲間。
主食は、同じ巻き貝の仲間。
頭が割れて6つの触手(バッカルコーン)が飛び出す。
食べるというより、吸い取るという感じ。


第7位(93へぇ)

台湾の非常口のマークは日本より必死


・1987年に、日本の非常口のマークが国際基準に指定され、世界各国で取り入れられている。
そのため、徐々に台湾でも日本の非常口のマークが採用されている。
日本では、「おかし」(おさない、かけない、しゃべらない)と教わるが、
台湾では、緊急避難の時「とにかく急げ」をいう意識が浸透している。

レレレのおじさんがほうきを掃いているのには悲しいわけがある


・レレレのおじさんの家族は、奥さんと五つ子が5組の子ども25人。
子どもが25人もいるため、何をするにも、ほうきで掃くようにして促していた。
やがて、子どもは全員自立して、奥さんは先立った。
レレレのおじさんは、その習慣が抜けずに毎朝、はうきで掃いている。
レレレのおじさんは、当初「おでかけのおじさん」と呼ばれていた。
スポンサーリンク


第6位(94へぇ)

小便小僧がいる小便少女もいた母乳淑女もいる


・イタリア・ボローニャのマッジョーレ広場、ネプチューン像の下にある。
16世紀マッジョーレ広場を美しくするためにジャン=ボローニャ(彫刻家)がつくった。
片方から5方向へ水が出る。

忠犬ハチ公は今ハク製になっている


・ハク製技術で日本一と言われる坂本喜一によって作られ、上野の国立記念博物館にある。
当時の渋谷駅は野犬が多いため、野犬狩りを行っていた。
ハチ公も捕まりそうになったが、ハチ公を知っていた巡査が間一髪で助けたこともある。

タイの首都バンコクの正式名称は長い


・正式名称は、

クルンテープ・マハーナコーン・アモーン・ラタナコーシン・マヒンタラーユタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラッタナ・ラーチャターニー・ブリーロム・ウドム・ラーチャニウェート・マハーサターン・アモーンビーマン・アワターンサティト・サッカタットティヤ・ウィサヌカム・プラシット

「バンコク」というのは、外国人の呼称で、現地でも昔は、「バンコク」と呼んでいた。
現在は、「クルンテープ」と呼ぶことが多い。

歴代へぇランキング第5位~第1位



スポンサーリンク


-雑学
-, ,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.