"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

雑学

【心理学】一週間、座る、遅刻、ビジネスの雑学

投稿日:

スポンサーリンク

一週間の心理の流れを掴むと効率が上がる?

一週間は「月火水木金土日」の7日です。
土日は、休みで休息をしっかり取るとして、

月曜日は、一週間の初めです。
仕事が初まり、憂鬱な気分になります。

ブルーマンデー症候群という症状が出る人も多く、
倦怠感や体調不良になり、自害や病気につながるケースも多いです。

火曜日は、気分も慣れてやる気が出ます。
この曜日が、一週間の中で、もっとも仕事が捗り、
後回しにしたりせず、この日にこなすようにすれば上手くいくでしょう。

水曜日と木曜日は、疲れが出始め集中力が落ち効率が悪くなってきます。
この2つの曜日では、特に、事故や病気に気をつけたほうがいいです。
仕事でのミスも多くなります。

金曜日は、疲れがもっとも蓄積し、その上週末の事を考えたりして、集中力もさらに下ります。
次につなげるために、気を抜かないことです。

効率よく働ける日は火曜日で、
朝から昼頃がもっとも集中出来る時間
です。

長時間着座はいけない?逝去率が高くなる

スポンサーリンク


仕事柄、長時間座る人も多いかと思います。
しかし、一日5時間以上座っている人は、
3時間以下の人より、35%近く逝去率が高まるという言われています。
学生とかは、どうなんだろうと思いますが、
間に立って歩くという休憩を挟むのが大事なようですね。

報告?遅刻した人への怒りの理由とは?

遅刻した相手に怒りを感じるのは当然です。
時間は有限であり、大事なミーティングを飛ばしたりするかもしれません。

しかし、他に怒りを感じる理由があって、
それは、遅刻している相手の状況がわからないということです。
到着までの状況を随意、伝えることにより、
待っている方も、知らされていない時より冷静に待つことが出来ます。

スポンサーリンク


一週間・・・火曜日に風邪でも引いたら大変です。

座る・・・長時間座れるということは、我慢強いとも言えます。
あらゆる面で我慢して、ストレスが溜まるというのもあるかと思います。

遅刻・・・もちろん、遅刻しないに越したことありません。


-雑学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.