"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

雑学

【心理学】睡眠、ピーマン、駄々こね、子供の雑学

投稿日:

スポンサーリンク

「寝る子は育つ」は本当、その根拠とは?

「寝る子は育つ」昔から言われていることです。
これは、科学的に証明されていることなのです。

睡眠をとると、脳内のシナプス(神経組織)が連結します。
この連結が睡眠中に最も行われていることがわかっています。

シナプスの連携が増えると情報伝達がスムーズに行われ、
いろんな場面での能力が上がります。
子供には良い栄養と良い睡眠が必要ですね。

科学的根拠があることで、
子供に限らず、全ての人に当てはまります。
三大欲求の一つを蔑ろに出来ません。

子供が嫌いな野菜ピーマンはなぜ嫌われる?

スポンサーリンク


子供が嫌いな野菜として、必ずと言っていいほど上位に上がるピーマン。
なぜ、嫌いな子供が多いかというと、ピーマンには天然の毒「アルカロイド」が含まれているためです。
この、アルカロイドが敏感な子供の舌で、大きな苦味となり嫌いな野菜になってしまうのです。

ピーマンが苦手なのは、人間だけでなく、他の哺乳類(馬や羊など)もその苦味から食べたがらないのです。
本能として、苦味は毒と捕らえて、食べないようになっているので、強制すると酷です。

しかし、大人になると食べられるようになるのは、大人になると舌が鈍感になり、苦味も一つの味として迎えるためです。

駄々をこねる子供の最もいい対応とは?

子供がオモチャのコーナーで、駄々をこねている場面を見たことあるでしょうか?
自分の子が駄々を込めた時、我慢させるように叱るようでは、逆効果です。

駄々をこね始めたら、
「これいいね、今度買ってあげるね」
同調してあげるのです。
そうすれば、子供は一時的に満足し、そのうち忘れてしまうという。
なんだか、ずるい気もしますがお子さんが駄々をこねて困ったときは、やってみる価値がありそうです。

スポンサーリンク


睡眠・・・水木しげるやアインシュタインも睡眠を大事に考えていたみたいです。

ピーマン・・・みんなが嫌いだからぼくも嫌い、という心理もあるのでしょう。

駄々こね・・・確かに、駄々こねをやったことはある気がしますが、何を欲しがっていたかはあまり覚えていないかも?


-雑学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.