簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

行動心理学

【行動心理学】警戒?防衛?腕組み指組み仕草の意味とは?

投稿日:

スポンサーリンク

相手の腕と指を見ると距離感が掴める?

腕や指を広げていれば、開放的である。これは、簡単にわかるところだと思います。
しかし、逆に腕や指を組んでいるとどうなのでしょうか?
腕組みをしていると、相手と自分との間に壁を作っており、防衛しているといえます。

また、警戒として大事な胸辺りを守る仕草でもあり、不安から腕組みをする人もいます。
両腕ではなく片腕で組んだり、股間あたりに手を組むのも不安や緊張からくる仕草です。

例外があって、真剣に話を聞く時でも腕組みをする場合があります。
これは、指を組んでいる時にも見られ、集中するときに出るしぐさです。
祈る時なども指を組みます。

集中する意識以外を近づけない、拒絶する防衛するという意味では、前述と同じ意味になります。

腕組みが落ち着く形という人は意外に多い

スポンサーリンク

いつも腕組みしている人がいますよね。
ずっと拒絶してるかと思いきや、そういうわけでもなく、
腕組みしているのが楽だったり、癖になってしまっているという人も多いです。
また、自分でかっこいいと思っている場合だったりもして、腕組みだけで拒絶されていると判断するのは、時期尚早のようです。

男性女性関係なく、腕組みは威圧感があるという意識が必要

腕組みは、思いの外、威圧感があります
体の大きさや表情を合わせると近寄りがたいだけの形になります。
考え事や集中している時でも出るしぐさなので、一概にいえませんが、
極力、やらないほうが良いのではないかと思います。

また、腕組みにもいろんなやり方があり、
そのやり方で、その人の現在の心理を読み取ることができます。

こぶしを握りながらの腕組み

大抵、腕組みというのは片方の手が脇に収まり、もう片方が二の腕を掴む形です。
しかし、両手が拳を握った状態での腕組みもあります。

これは、その人自身がイラ立っており、敵意を持っていると見ていいでしょう。
腕組みで自身を守りながら、敵意が滲み出ている状態です。

怒りをこらえて、自身を押さえている状態なので、刺激しないことが懸命です。

親指を立てての腕組み

両手を脇に入れて親指を立てる腕組みは、自信の現れです。

まるで、猫や犬が興味持つものを見た時に耳が立つように、
興味あるものに触れると、腕組みしながら親指が立つのですね。

もし、相手が腕組みしながら親指が立ったなら、
相手にとって、興味があったり好意的に受け止められたとみていいでしょう。

また、こぶしを握りながらの親指は好意というよりも、
自分自身をクールに見せるためのポーズという場合が多いです。

二の腕を掴む腕組み

これは、どちらかというと女性に多い仕草です。
全体的に見て、まるで自分を抱きしめているように見える腕組みは、
自身を守ると同時に不安を和らげようとしています。

さらに、自身の二の腕をさするようにしていれば、大きな不安を感じているのでしょう。
さすることによって、意識を不安から逸らせたり、落ち着こうとしています。

スポンサーリンク


腕組みの心理が拒絶だけではないと知っておくと、誤解しなくてすみます。
また、不安であったり集中している場合もあるので、その場の対応をしていきましょう。


-行動心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 AllRights Reserved.