簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

行動心理学

【行動心理学】緊張しすぎ?まばたきの回数が多い少ない仕草の意味とは?

投稿日:

スポンサーリンク

まばたきの回数で人の心理が簡単に分かる

目は口ほどに物を言うといわれる場所、まばたきが多いという状態は、非常に緊張状態にあるということです。
または、恐怖しているともいえます。
多いだけでなく、極端にまばたきをしない状態も緊張状態、恐怖状態ともいえそうです。

あなたも身に覚えがないでしょうか?
集中している時、嘘付いている時、怖い映画を見ている時、
決まっていつものまばたきのリズムではないはずです。
人は、リラックスしている時、3~4秒に1回、1分間に30~40回という均等なリズムに乗って、まばたきをします。

しかし、リラックス状態が崩れ緊張状態に陥ると、それはまばたきという行動によって現れます。
緊張をほぐしリラックスしようと脳が努めるため、まばたきが増えます。
緊張している時は、まばたきの回数だけでなく、
早口になってしまったり、よく言葉を噛んでしまったり、挙動が変になったりもします。
極端に増えたり、極端に減る。こういった状態は、
あまり自覚的ではなく、自然と出てしまうものなのです。

まばたきで判断するにしても、疲れや癖など例外あり

スポンサーリンク

ただ、寝不足だったり、ドライアイ、チック症だったりしても、まばたきが多くなります。
相手が、緊張状態かどうか判断する時は、雰囲気やその人の特性も考慮して見てみましょう。

緊張状態からくる瞬きは、他の体の部分も硬直しているはずです。
瞬きだけで心理を判断するのは、時期尚早かもしれません。

まばたきの心理を隠すには?

まばたきの回数を隠すというのは、簡単なことではありません。
方法としては、悟られないように、目をつむってしまう。
しかし、ずっとつむったままだと、怪しまれるので、
時に目を開く。時につむるというより下を見る感じで。
相手の見てない時にまばたきをして、見てる時はグッと堪える。
いざその時になったら、そんな余裕もないかもしれないですね・・・。


スポンサーリンク


もし、緊張感を与えたくない相手がまばたきを頻繁にしていたら、
リラックスできるように支えてあげましょう



-行動心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 AllRights Reserved.