"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

人間心理学

【人間心理学】注目されている?期待に応えるホーソン効果とは?

投稿日:

スポンサーリンク

モチベーション向上?ホーソン効果の名前の由来や意味、事例

ホーソン効果とは?

注目や期待をされているとモチベーションが上がるなど、
他の人の行動に影響を受ける効果です。

アメリカのホーソン工場で"調光と生産性の関係性"を調べるために、
「生産性に関する実験を行う」ということを作業員に伝えました。

結果、光の明るさに関係なく生産性は上がりました。

それは何故かというと、

「実験を行っているため注目されている」
「だらしない人間に見られたくない」

という作業員の心理が
モチベーション向上につながり、生産性が上がったのでした。

効果の名前は、この実験結果が出た工場から付けられています。

人は、他人の影響を受けやすいです。

  • 一人の作業の時よりも誰かが見ている。
  • 誰かと一緒にする作業の方がモチベーションが維持できる。
  • 誰かが見ている方が効率よく進めることが出来る。

これがホーソン効果です。

他にも、
信頼される医師が患者を期待されていると、
患者の行動が変化し、結果良い方向へ向かうということもあります。

癌などの末期患者だと、
信頼する人が大勢お見舞いに来ると、長く生存するという結果も出ています。

教育に応用?影響のホーソン効果

スポンサーリンク

多数の人を指導する場合、
その人達のモチベーション向上には、ホーソン効果を適用すると良いでしょう。

注目されているという心理が生産性向上につながったように、
"みんなに注目されている"という心理がやる気を起こさせるのです。

何かをするには、一人で淡々と作業するのもいいですが、
誰かと協力したり、競い合ったほうが集中力も継続力も上がります。

お互いに影響し合った結果、評価につながります。

協力することで仲間意識が強まり、助けたり助けられたり、
互いに支え合う関係を作ることができます。

ライバルがいると、戦略を練ったり洞察で探ったりして
新たな発見を得ることも出来るでしょう。

切磋琢磨すると影響しあって向上していく理想の形ができます。

習慣を克服?ホーソン効果で良い影響を受ける

習慣を断ち切ったり、理想の自分を追い求めているなら、
ホーソン効果を活用することできます。

嗜好品の習慣を断ち切るには、それらから離れることはもちろんのこと、
やらない人と付き合うというのが良いです。

嗜好品の習慣がない人と接することで、その人から断ち切る影響を得ることができます。

また、自分の理想の姿があるなら、
理想としている人と行動を共にすることが効果的です。
結果的に、その姿に近づくことができるかもしれません。

理想の人の理想の姿の影響を、近くで受けるのです。

否応にも人は、他人の影響を受けてしまいます。
影響を受けるなら、良い影響を選んで受けてみましょう

スポンサーリンク


誰かのモチベーションを維持し、さらに向上させたいと思うのでしたら、
ホーソン効果の他に、プラシーボ効果ピグマリオン効果エンハンシング効果と似た効果があります。

これらを同時に発揮させると良い結果につながるでしょう。


-人間心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2018 All Rights Reserved.