" />

雑学

醤油、おばちゃん、ゆかり、紫色の心理・雑学

スポンサーリンク


人気記事

>>雑学&豆知識クイズ集100選!!(面白い難問題まとめ)

 

醤油が「紫」と呼ばれる語源、由来は?

紫と呼ばれる語源は、江戸時代にあります。

当時、醤油は非常に貴重で、塩の8倍もの値段でした。
調味料として、料理の要であることから重宝されていました。

紫色という色も、昔から高貴な色とされてきてました。
当時の染物も、紫色は高価な物と決まっていました。

高価な調味料「醤油」と高価な色「紫」
貴重な物の代名詞として、醤油を紫と呼ぶようになりました。

醤油が高価な調味料でなく、一般的になってからは、
「紫」という言い方も、自然としなくなり、
そのまま醤油と呼ばれるようになりました。

なぜおばちゃんは、髪の毛を紫色に染めるのか?

 

元が金髪の人の白髪は、ツヤがあり綺麗な白になるのですが、
日本人の白髪は黄色みが出てツヤが出ず、ぱさついて見えます。

薄い紫色であれば、白髪にツヤが出て見えるので、
美容師の方から勧める事も多いのです。

紫色の他に薄いピンク色も合うみたいです。
確かに薄いピンク色も紫系統といえます。

紫と書いて「ゆかり」と読む、ふりかけも「ゆかり」?

紫は、ゆかりとも読めます。

「紫の一本ゆゑに武蔵野の花はみながらあはれとぞ見る」

という、古今和歌集の歌があります。

ここでの紫は、紫草という当時貴重だった紫色の染料になる貴重な草花です。
その紫草を、あはれ(しみじみとした感慨)と思います。

何か一つがいとおしいと、それに関係(ゆかり)するものまでいとおしい
この歌が、後に「紫のゆかり」という一言で使われるようになります。
このことから、紫をゆかりと呼ぶようになりました。

ふりかけ(赤しそ)の「ゆかり」は、この古今和歌集の歌を元にしており、
お客さんとの繋がりを大切にしたいという思いから「ゆかり」と名づけています。

 


醤油・・・今では、特に貴重でもない醤油。価値観は、変わっていきます。

おばちゃん・・・女性は、いくつになってもオシャレでいたいのです。

ゆかり・・・古今和歌集が編集されたのが905年です。
その頃に生まれた歌の由来が、今まで続いているのは感慨深いですね。


スポンサーリンク



-雑学
-

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2020 All Rights Reserved.