"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

人間心理学

【人間心理学】日本人に多い?空気読みの同調現象とは?

投稿日:

スポンサーリンク

周りに合わせる?同調現象の意味、事例

同調現象とは?

周りと同じであれば安心して、
自分が望んでいたり正しいと思うことでも、周りと違えば不安になってしまう現象のことです。

人は、集団行動を重んじて来たために、周りと変わっていたりすると不安を感じやすいです。
特に日本人は空気を読むことを第一に考える人が多いため、同調現象の傾向が強いです。

自身の考えや意思が乏しい場合、
周りと合わせることでその場は済ますという人も多く、バンドワゴン効果も同時に発揮しているケースもよく見受けられます。

味の悪い料理を実験者が「おいしい」と答え、
それを聞いた被験者はどう答えるようになるか?という実験があります。

実験者が1~2人の場合、被験者は正直な感想を述べましたが、
実験者が3人以上になると被験者も「おいしい」と答えるようになりました。

実際は「おいしくない」と思っていたにも関わらず、同調現象により自らの意見を覆してしまったのです。

近いものに、ミラーリングがあります。
ミラーリングは対峙している相手、特に好意を持っている相手に対して発揮する効果です。

マーケティングの基本?同調効果は引っ張る

スポンサーリンク

音楽用具のメトロノーム。
メトロノームを数十個並べてバラバラにリズムを刻み始めても、
次第にリズムが合っていき、最終的にはバラバラだったリズムも完全に一致する。

このような現象と似ているのが同調現象です。

「高校生なら、みんなが使っている」
「日本人なら知っていて当然」
「今時持っていないと恥ずかしい」
同調効果は常に引っ張ってきます。

マーケティングでの同調現象は、周りと違うと認識した時に生まれる不安を利用したものです。

「多くの人が支持している」
と聞くと質のいいものと思ってしまいますが、本当のところはわからない
ものです。

実際には、質が良いものではないかもしれないし、あなたにとっていいものとも限らないのです。

同調現象で見る、恐ろしい集団心理

同調現象でみんなが同じ方を見ると、同調していない人が目立ちます。

所謂、仲間はずれやKY(空気が読めない)と揶揄され、いじめや批判の対象になったりします

多数側も間違っていると思っていても、
自らの意見を覆してしまっているので、
反発できず、そのまま同調を続けてしまいます。

選択の同調だけでなく、
体力や容姿などの要素が周りを同調していないだけで、
まるで裏切り者というような扱いを受けてしまうケースがあります。

これら同調圧力から逃れるために孤立。
または、同調する集団に入り対立をしたりします。

スポンサーリンク


代表的なところで「流行」があります。

流行に乗っていなければ不安という人(バンドワゴン効果)は、同調現象の影響を受けやすい人なのでしょう。

多数の意見に引っ張られそうになった時、同調現象だと気づくことで、冷静に状況を判断することが出来ます。


毛深い女は嫌われます。
今のうちに対処をしておきましょう!
↓  ↓  ↓

KIREIMO

 



-人間心理学
-

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2018 All Rights Reserved.