"/>

簡単な【おもしろ心理テスト】で好きな人や自分の性格を知り、恋愛や生活に活かそう。(無料)

心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~

人間心理学

【人間心理学】涙を流すといい?カタルシス効果の方法とは?

投稿日:

スポンサーリンク

我慢は大敵?カタルシス効果の意味、原理

カタルシス効果とは?心のなかに溜め込んだ不安や不満などの感情を表現すると、
溜まった感情が発散され、開放感をや安堵感を得る事ができるという効果です。

日常を生きていると、どうしても不安に晒され、不満に思い、不愉快になることが多いです。これらを発散するために運動や娯楽などの趣味に興じたり、気の合う人と会い時間をともにしたり、子どもと遊んだりして、また明日からも頑張ろうと思うのです。

他に、嘘や隠し事などを正直に話してしまうことで、重荷を下ろしたかのように身が軽くなったり、思い切り大声を出したり、思い切り泣いたりするとスッキリするのもカタルシス効果です。

この嫌でも溜まるストレスを発散できずにいると、精神疾患など体へ悪影響を及ぼします

恋愛で上手く行く?カタルシス効果の具体例

スポンサーリンク

恋愛など人と親しくなるためには、時間を「共有する」と良いです。
そして、その時間がお互いにカタルシスを感じるものであれば、より距離が縮まることでしょう。

一緒にカラオケにいったり、テレビ鑑賞をしたり、映画、音楽を共有する。
もちろん楽しいという発散(カタルシス)があってのことで、
時間を共有することによって、ストレスが生じると逆効果です。

意外と多いケースが、片方が乗り気でなく付き合わされているというものです。
娯楽に関して好みは様々で、ゆったりした映画が好きな人もいれば、暴力映画が好きな人もいます。事前に確認をした後、共有しましょう。

また、話を聞いてあげて、カタルシスを感じさせてあげるというのも効果的です。
日頃の不満や悩みを打ち明けることによりカタルシスを感じて、話を聞いてくれた人に好意を持ちます。

聞く側が注意しなければならないのは、否定は絶対にしないことです。
否定すると打ち明けるのをやめてしまいます。
そして、相手の言葉を繰り返すように返事をします。
繰り返すと、相手も自分の言葉が客観的に見える様になり解決しやすくなります。

そして、最後まで聞いてあげる。
途中で終わってしまうと、半端になり不満が残るので、最後まで聞いてカタルシスを感じさせてあげるのが大事です。

日常を楽しく過ごすためには、溜まったものをうまく吐き出しつつ、進むことです。

カタルシス効果で発散しないと起こる症状

カタルシス効果を発揮するものは芸術やスポーツなど色々あり、発散を目的としたものも多いです。
しかし、溜まったものを発散できないと、どういう症状に見舞われるのか?
不安や苛立ちが溜まり暴力や自傷行為など行動をおこし、ノイローゼやうつ病になってしまいます。

本来、睡眠や食事などでもよいのですが、それすらもままならなくなる人もいるので、
そこまでいくと、はやく専門医にかかるべきです。
スポンサーリンク


ストレス社会と言われて大分経ちますが、ストレスにやられている人は増える一方です。
何かこれといった発散方法を見つけ、カタルシスを感じ、日常を過ごしましょう。


-人間心理学
-,

Copyright© 心理学~仕事や恋愛、資格検定などに役立つ~ , 2017 All Rights Reserved.